スポンサード リンク

2007年08月19日

歯列矯正治療とは

歯列矯正の重要性は何でしょうか。
歯列が乱れている場合の弊害として、見た目があげられます。確かに歯列、歯並びがきれいだと魅力的です。逆に歯列がでこぼこだと印象が良いとは言えませんし、笑うと歯列が露出するので、あまり笑顔ができなくなって、あまり愉快ではない性格と勘違いされると悪循環です。

それだけではありません。歯列矯正の必要性は、健康やスポーツにも影響します。よく言われるのは歯ぎしり、いびきです。また、かみ合わせの悪さによりうまく歯が磨けず、虫歯になることもあります。また、スポーツ面で言うと、歯列が影響して、歯を食いしばることで発揮できる力が十分に出ないことから、スポーツの結果に大きく影響します。
プロ野球選手のなかには、歯列矯正まで行かなくとも、正しく歯を食いしばれるようにマウスピースをして矯正している選手も多くいます。

このように、歯列矯正治療は外面、内面問わず健康的になるために重要な治療であると言うことができます。
ラベル:歯列矯正治療
posted by 歯列矯正治療です。 at 07:48| 歯列矯正治療とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

歯列矯正治療の仕組み

歯列矯正治療は、歯の性質を利用して治療します。歯は力を加えられる方向に移動するという性質があります。口のなかに矯正装置を入れて歯に一定の力を持続的にかけることにより、歯を動かして悪い歯並びや噛み合わせを治すのが歯列矯正です。

歯列矯正治療の手法はいろいろあります。
FA ファンクショナル アプライアンス
3Dクワドロヘリクス・クワドアクション・リンガルアーチ
ヘッドギア
チンキャップ
エラスティクス 顎間ゴム
保定装置
治療を受ける人の年代や歯並び、歯列矯正治療方針によって最適な手法を選ぶことが必要になります。


歯列矯正の年齢については、乳歯からやるべきかという話があります。一般的には永久歯が生えてから歯列矯正することが多いようです。実際、乳歯から歯列矯正治療をしたからといって、永久歯もその通り生えてくる保証はありません。
ラベル:歯列矯正治療
posted by 歯列矯正治療です。 at 07:50| 歯列矯正治療とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

歯列矯正治療の費用

歯列矯正する際にアゴを切る手術や口蓋裂の矯正治療など、保険が効く治療以外は、自由診療なので各医院で自由に料金を設定しています。実際の治療費については、かかろうとする病院に確認することが必要ですが、一応の目安としては、70万円台から120万円くらいまで。

国立大学系の治療費は安い傾向にあり、歯列矯正治療専門の開業医だと高い傾向があるようです。
そうはいっても、費用が安ければいいというものでもなく、患者本位で適切な治療をしてくれるところを探すことも重要です。
ラベル:歯列矯正治療
posted by 歯列矯正治療です。 at 07:52| 歯列矯正治療とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

歯列矯正治療の期間

歯列矯正治療の期間は、個人差があり一概には言えませんが、矯正装置装着から2〜3年くらいが一般的です。場合によっては、一生装置が必要になる人もいるようです。
また、治療方針によっても期間が異なってきます。歯列矯正治療の方針を決めるに当たっては、医師の判断だけでなく、患者の都合、希望も伝えるべきでしょう。

子どもや若年期で歯が固まっていな世代の歯列矯正治療は、大人よりも比較的短い期間で終わります。
そういう意味では子供の歯をみて、親が歯列矯正が必要かどうかを早めに判断し、適切な医師に相談することが重要になります。

幼稚園のうちから矯正治療をしたいのか、小学校になってから矯正治療をするかは、医師に相談して決めることになります。
ラベル:歯列矯正治療
posted by 歯列矯正治療です。 at 07:55| 歯列矯正治療とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。